コンプガチャについて思うこと

こ数日で初めて知る言葉が耳に入ってきました。
ソーシャルゲームをやっている人なら知っている"コンプガチャ"です。
問題が浮上して、大手のゲーム会社グリーとディー・エヌ・エー(DeNA)が廃止を決定しました。

私は全くゲームをやらない人間なので、このコンプガチャについては全く存じ上げませんでした。
新聞を読んでそんなものがあったのかと思っただけです。
消費者庁は違法性があると判断し、それを受けて2社はすぐに廃止を決定した訳ですが、個人的には違法性があるとは思えないのです。
グレーかもしれないですが、消費者庁が判断したカード合わせには当たらないのではないかと思いました。

コンプガチャは苦情が相次いでいたとのことですが、大人が対象の場合はハッキリ言って意志の弱さの問題だと思います。
ギャンブルもやらないので分かりませんが、同じ状況だと考えます。
タップやクリックをするだけでアイテムが購入出来るから、買い物をしたという感覚が薄れるのは当然のことです。

自分自身に当てはめて考えるなら、ネットショッピングのカード決済です。
キャッシュで支払いする時はためらうけれど、カードだとお金の感覚が薄れるので大きな買い物をしてしまうことがあります。
ただし、例え大きな買い物だとしても自制心が働きます。
私の場合は「これを購入するだけで何日分の給料が飛ぶのよ!」と言い聞かせます。
そうすると、無駄に購入することはなくなります。

自制心が持てないだけで、多額の請求をゲーム会社の責任にしている大人は情けないですね。
子供が使ってしまった場合も同じです。
子供はあくまでも親の管理下にあるものです。
自分で稼げない限りは当然のことです。
携帯やパソコンを利用するにしても、親が管理するのが当たり前だと思うのですが、それを怠っただけです。

PR:

規制を唱える前に、自身の非を認めたらいかがでしょうか。

このブログ記事について

このページは、まどりが2012年5月31日 16:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「じゃがいもの成長」です。

次のブログ記事は「三寒四温」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja