2010年10月アーカイブ

カスタマイズもやり過ぎ注意!

ワゴンRファンの友達、彼の愛車は
ホワイトのワゴンRエアロ仕様。

最近ワゴンRのテールランプとルームランプを
ネットのオークションサイトでゲットしたらしく、
なんと車内がピンク色になってた(笑)。

エアロパーツで車本体をドレスアップさせるのは
分かるんだけど、やっぱり真の車好きは
テールランプ&ルームランプにもこだわるものなのねぇ。

さすがにピンク色のルームランプには驚いたけど(笑)。

それにしても、ワゴンRってカスタマイズする
ための車なのかな?

なんかわたしの周りでは、ワゴンRに乗ってる人は
必ずどこかしらいじってて、「人とは違う感」を
アピールしてるんだよね〜。

それって女の子がファッションで自分のスタイルや
センスをアピールするように、車好きは自分の愛車を
いじることで自分のスタイルを主張してるんだろうね。

もちろん男の人すべてがそうなわけじゃないけど
(実際わたしの彼はまったく車に関心ないし。
かといってファッションに興味があるわけでも
ないんだけどね)、自分のこだわりを主張するのは、
決して悪いことじゃないとわたし的には思う。

と言っても、限度はあるけど・・・。

自分のお財布事情を無視して、
車にお金をつぎ込む人がたまにいるけど、
そうゆうのはバツ。

大人らしく、ちゃんとわきまえなくちゃね。

誕生日プレゼントに

もうすぐ妹の誕生日。

毎年「何あげようかな〜」って悩むんだけど、
妹の好みはよく分かってるから決めたら早い(笑)。

今年はsnaidelのお洋服か小物をあげようと思って、
snidelの通販サイトを検索中☆

先日妹とショッピングに行った時、
「最近snaidelが好きなんだよね〜」って
妹が言ってたのを聞いたから・・・。

実はわたしの妹、かなりのファッションオタク。

ファッション雑誌は毎月ものすごい数を
購入してるし、ものすごい数のブランド名を
知ってるし、いつも「これは○○のバッグ、
これは○○の靴、これは○○の・・・」って
いろんなアイテムを持ってる。

ひとつのブランドにこだわるよりも、
どちらかとゆうといろんなブランドの
アイテムを少しずつ取り入れて
お洒落するのが好きみたい。

そんな彼女が最近気に入ってるって
ゆうのがsnidelなんだけど、先日会った時も
かわいいバッグを持ってたな。

どうやら5周年記念で作られた限定の
バッグらしいけど。

けっこう洋服のラインも好きらしいから、
わたしはワンピがトップ(それともボトム?)を
あげようかと思ってるんだけど。

通販サイトを見てたらいろいろかわいいのがあって、
どれにしようか今迷ってるところ。

とは言え彼女の好みを優先させないと、
気に入ってもらえないからね(笑)。

あくまでも彼女が好きなデザインを選ばなくちゃ。

収入の多さはトラブルの元!?

最近、友達が本気で婚活 を始めた。

バリバリのキャリアウーマンだった彼女、
仕事第一で恋愛には見向きもしなかったから、
わたしはてっきり「結婚したくない」んだと思ってたけど。

きっと彼女も30を過ぎて、「やっぱり結婚したい!」って
思い直したのかもしれないな。

それは喜ばしいことなんだけど、彼女の場合
ものすごく収入がいいこともあって、
「自分よりも年収が低い相手はダメ」ってゆう
条件があるんだよね。

それはお金に満足できないからとかじゃなくて、
相手のことを考慮してのことなんだよね。

実は彼女、何度かそれが原因で彼と別れてるの。

彼女は気にしてないんだけど、
ケンカするたびに
「どうせ僕は君より年収少ないさ!」って
卑屈になられてしまうらしい。

結局、年収の高さ・低さを気にするのは
男性の方なんだよね。

多くの男性は年収の面で女性より
優位に立ちたいって思ってるみたいだし、
もちろんそれは悪いことではないんだけど、
だから女性の方が高い年収だったりすると
自分の存在価値を男性自身が
疑ってしまうんだよね。

そんなワケで、彼女は自分よりも
収入の高い男性を探すしかないワケで。

もともと年上好きな彼女だから、
年上の男性なら出会える可能性も
高くなるとは思うんだけど・・・。

ステキな男性がみつかるといいね〜。

百害あって一利無し

禁煙して1年、10年以上も喫煙してたことが
今では信じられないくらい、煙草からは
遠ざかってる毎日。

ここのところの煙草値上がりで、
「本気でやめたい」人が増えてるらしいね。

禁煙外来も大盛況とか・・・。

禁煙成功者のわたしからしてみたら
「禁煙なんて簡単」って思えるけど、
もちろん禁煙する前は「煙草をやめるなんて
絶対にムリ!」って思ってた。

ちなみにわたしが煙草をやめられたのは、
『Easy way to stop smoking』ってゆう
禁煙本のおかげなんだけどね。

最初に読んだ時、実は失敗してしまって
1年後くらいに同じ本をまた読み返してみたの。

それで見事にやめられたんだけどね。

10年以上も喫煙したわたしが言うのもなんだけど、
煙草って本当に百害あって一利なしなんだよね〜。

だってお金はかかるわ健康を損ねるわ、
健康損ねたら病院行ってまたお金がかかるわで
まったくいいことなし。

メリットなんてひとつもないのに、よくも
あんなにパカパカ吸ってたもんだ。

決してヘビースモーカーではなかったけれど、
とは言え喫煙時代は1日1箱、飲みに行くと
その2〜3時間でプラス1箱。

今はお酒を飲みに行ってももちろん
煙草は吸わないし、「お酒と煙草はセットだ!」
って豪語してた昔が本当になつかしい。

禁煙歴は1年だけど、また喫煙者に戻るのは
あり得ないし、そう思える自分が好き♡

早く喫煙者の友達にも、同じ気持ちになってほしいな。

祝☆婚約

ついに友達がエンゲージ!

付き合って5年、一緒に暮らして3年。

「あんたたち、いったいいつ結婚するの?」って
周りにせっつかれて、ようやくゴールイン間近!

とりあえず彼は0.5カラットのダイヤモンドが
輝く婚約指輪を彼女にプレゼント。

その指輪とともに極上の笑顔を浮かべた
彼女の写真がメールに添付されてきて、
正直わたしもうれしいようなほっとしたような・・・。

彼女には本当に本当に幸せになってほしいんだ!

だって彼女、今どき珍しく一途ですっごく
かわいい子なんだもん!

そんな彼女が幸せになれないなんて、
それは神様の意地悪。

だから彼女は絶対に幸せにならなきゃいけないの。

じゃなきゃ周りのわたしたちが
幸せになれない気がする。

だから婚約の知らせを聞いた時は、
自分のことのようにうれしかった☆

まだ結婚式の日取りとかは具体的に
決めてないらしいんだけど、これで
ようやくふたりの関係もいい方向へと動きそう。

彼にどんな心境の変化があったのかは
知らないけれど、「ちゃんとけじめをつけよう」
って思ってくれたのはとってもいいこと。

あともう少し婚約が遅かったら、
女友達が集まって彼に直談判に
行くところだったよ(笑)。

彼のもそれは勘弁だったろうから、
その前に決めといて良かったね♪

アニメのキャラに恋!?

この歳になってすごく恥ずかしいんだけど(笑)、
最近夢中になってるアニメがあるの。

毎回欠かさず観てて、キャラクターに
癒されてるんだよねぇ。

そりゃ少女時代は人並みに漫画にも
夢中になったし、中学生の頃までは
「マーガレット」の発売日を楽しみにしてたけど、
さすがに高校生になると大学受験も控えてる
こともあって、中学時代に比べて漫画も読まなく&
買わなくなったんだよね。

それから漫画やアニメからは遠ざかってたけど、
ここへ来てほんとに夢中になってしまって・・・。

昔まだわたしが少女だった頃、一度アニメの
主人公に本気で恋しちゃったことがあったんだけど、
そのトキメキを久しぶりに思い出したわ〜♡

これって人間の男の子に恋するのとは
ちょっと勝手が違うんだよね。

だってアニメに出てくる男の子は顔も性格も
パーフェクトで、欠点なんてないんだもん(笑)。

ちなみにわたしが思うにアニメのキャラクターには、
純粋で母性本能をくすぐる美少年タイプと、
仕事もできて冷静でクールで女性にモテモテの
美青年タイプと、2種類のタイプがいると思うんだよね。

わたしの好みは後者だけど、
もちろん現実にそんな人には
なかなか巡り会えるワケもなく(笑)、
いつも妄想で終わるんだけど・・・。

妹に最近のわたしのお気に入りアニメのことを
話したら、「お姉ちゃんいくつよ・・・」って
あきれられたけどね(苦笑)。

ごはんと友達とステキな休日♪

自宅の近くにある洋食屋さん。

店内が見えないようになってるので
ずっと「どうなってるんだろ?」って
気になりつつ、店の前を
通り過ぎてたわたしだけど・・・。

先日、東京から泊まりに来てくれた友達と、
その洋食屋さんへ入ってみることにしたの。

実際に店内へ入ってみると、
わたしがイメージしてたよりも
広くてちょっとびっくり☆

通り側に窓はないけど反対側には
ちゃんとあって、思った以上に
明るい雰囲気だし。

内装も女性好みのその洋食屋さん、
案の定お客さんもほとんどが女性。

男性の姿もあるけれど、
みんなカップルで来てるし。

とりあえず席に落ち着いたわたしたちは、
メニューを見ながら何をオーダーするかを
真剣に考える。

「あ〜どれもおいしそう・・・」。

どうして洋食屋さんのメニューって、
どれも捨てがたいんだろう。

ハンバーグにオムライス、コロッケ、ハヤシライス・・・。

ほとんどがお馴染みのメニューで、
容易に味が想像できるものばかり。

中でもわたしが子どもの頃から
大好きだったのが、オムライス。

実家の近くにある定食屋さんで
母が出前を頼むたびに、
オムライスをオーダーしてたのを
思い出す。

そんなワケでわたしはオムライス、
彼女はポテトコロッケをオーダー。

運ばれてきた料理はすごく
おいしくて、そして懐かしい味。

ノスタルジックな気分に浸りながら
大好きな女友達とオムライスを食べる
休日も、なかなかいいもんだね♪

実は子ども好き!?

わたしの1つ上の友達Tちゃんは、
なんと3人の子どものお母さん。

いちばん上の男の子は、なんと
もう中学生なんだよね。

結婚も出産も早かったからだけど、
それでもたった1つしか違わないのに
もう中学生の子どもがいるだなんて・・・。

そう考えると、「わたしって何やってんだろ?」
って思っちゃう。

彼女の家に遊びに行くと、さすが子どもが3人
いるだけあってとってもにぎやか。
しかも男の子2人・女の子1人だから、よけいに
騒々しいって感じ(笑)。

彼女は「毎日が戦争って感じよ」なんて
言ってたけど、その生活ぶりを見ていると
本当にそう思う(笑)。

食費も大変、家族みんなで
旅行するのだって一苦労。

子どもが多いとお金もかかるし、
もちろん世話もかかるし、ちょっと
わたしには想像できない。

でも「もう大変!」って言ってる割に、
やっぱり彼女は幸せそう。

子どもの宿題を見てあげたり、
おやつを作ってあげたり、
もちろんごはんを作ってあげたり、
とにかく子どもの世話をしてる時の
彼女がいちばん輝いてる気がする。

やっぱり母親って偉大だな〜。

でも確かに、考えてみたら自分の母親だって
子どもに接してる時はキラキラしてたもんね。

そんなわたしも、実は彼女の家に遊びに行くのが
楽しみだったりするんだよね。
子どもってエネルギーに満ちあふれてるし、
一緒にいると自分も元気になれる気がするから。

なんだかんだ言って、わたしも
案外子ども好きなんだよね〜(笑)。

まったく、もう!!

まったくわたしの彼って、どうして
あんなに気が利かないんだろう。

今日は朝から休日出勤だったわたし。

とりあえず2人のために朝ごはんを作り、
わたしは先に食べてそのまま出勤。

実はちょっとだけ、彼がお皿を洗って
おいてくれることを期待してたんだけど・・・。

さっき仕事を終えて帰ってきたら、
お皿はそのままシンクの中にあった。

いつも「自分で使ったお皿は、
洗わなくてもいいからせめて
食器洗浄機の中にいれておいて」
って言ってるのに、それすらもやってない。

もちろん、わたしの怒りは沸点に。

今頃男友達と遊んでるはずの彼に、
そっこー電話。

「使ったお皿がシンクに残ってるんだけど」
とだけ言うと、「あれ、そうだっけ?ごめんごめん、
帰ってからやるよ」と彼。

ってゆうか、出かける前にやっといてよ!!

これからわたし、夕ごはん(しかも彼の分も!)
作らなきゃいけないんですけど。
それでキッチン使うから、シンクにお皿がそのままだと
すごく不便なんですけど。

「今日は仕事にもかかわらず、ちゃんと
朝ごはん作ったじゃない。そしたら普通、
お皿はあんたが洗うでしょ?」
って言葉がのどまででかかったけど、
なんとかそれはこらえ。

だって、ホントは言わなくても
気づいてほしいんだもん!

でも、彼の答えは分かってるんだけどね。

「そんなの、言ってくれなきゃ分かんないよ」。

男の人ってみんなそうなのかな?

紅葉シーズン到来!

すっかり季節は秋、紅葉シーズン
真っただ中だね〜。

毎年紅葉の名所に出かけては
紅葉狩りを楽しむわたしだけど、
今年は仕事が忙しく、一緒に
行ってくれる相手もいないので(苦笑)
どうしようか迷い中。

ネットのニュースで立山黒部アルペンルートの
画像を見たけど、「これぞ紅葉!」って感じ(笑)。

いいな〜。

写真とか見てると、実際に行って
この目で確かめたくなるよね〜。

わたしはもともとインドア派なので
滅多に外へ出てなにかしたりはしないんだけど、
この季節は無性に外へ出てトレッキングとかして
身体を動かしたい気分。

山のさわやかな空気を吸いつつ、
目の前に広がる美しい紅葉を堪能するなんて
なんとも贅沢なひとときだよね。

それでほどよく疲れたら、
宿で秋の味覚(山の幸)を
思う存分味わうの。

なんてステキな休日!

ほんとは彼と行きたいところだけど、
なんなら一人旅でも・・・。

でも、女ひとりでトレッキングってゆうのも
かなり空しいよね(涙)。

だって山歩きは誰かと会話を楽しみながら
するもんだし、ひとりでただ黙々と歩いてたら
ちょっとの道のりもすごーく長く感じちゃいそう。

じゃ、トレッキングはあきらめて
宿で紅葉&温泉を楽しむかな。

それならひとりでもオッケーでしょ。

う〜ん、でもせっかくの季節旅、
やっぱりひとりじゃ物足りないなぁ。

こうなったらずーっと彼氏のいない友達を
無理矢理連れて行こうかな。

きっとヒマな彼女は「行く!」って
即答すると思うケド(笑)。

テレビがほしい

すごーく薄くて軽くて、
画質も最高な最新型のテレビ。

それでいろんなDVDを観て、
友達と、時にはひとりで、
のんびりと楽しみたいな〜。

以前は「休日は外出するもんだ」と
思っていたけれど、今は
「休日ぐらい自宅でのんびりしたい」
とつくづく思う。

それに2日間のお休みのうち、
最低でも1日は家でのんびりしないと、
仕事の疲れが取れない年齢にもなってきたし(苦笑)。

ちなみに自宅でのんびり過ごす方法には
いろいろあるけれど、わたしの中のベストな
過ごし方はやっぱりDVD鑑賞。

テレビでドラマやコメディー番組を観るよりも、
世界の名作や話題の映画を観る方が
断然わたしは好きだな。

お気に入りの映画を観ながら
お気に入りのスナック菓子を
食べてる時って、まさに至福の時!

友達は「自堕落な生活だね〜」って
あきれてるけど(笑)、これがわたしの
リラックス方法なんだよね。

考えてみたら、わたしってものすごく
たくさんの映画を観てると思う。
しかも映画館じゃなくて自宅で・・・。

確かに大作映画はちゃんと映画館で
観た方が迫力があるんだろうけど、
だからこそ最新型のテレビがいいんだよね。

だって今のテレビは画質も音もいいし、
何より3D映像に対応してるタイプもあるし。

そんなテレビをゲットしたら、映画館に
行かなくても迫力の映像が楽しめるようになるよね。

お菓子と愛情♡

先日、友達が自家製のパンプキンパイを
持って遊びに来てくれた。

彼女の趣味は女の子らしく
「お菓子作り」なんだけど、
これがまた本当においしくて、
いつも食べるたびに感動!

彼女には「パティシエにでもなったら?」って
毎回提案するんだけど、彼女の考えでは
趣味が仕事になるのはイヤなのらしい。

趣味はあくまでも趣味として、
気が向いた時にだけやりたいんだって。

ま、彼女の考えも分からないではないけどね。

それにしても、『ただの趣味』にしておくには
もったいないほど、彼女が作るお菓子は
どれも本当においしい。

それが簡単にできるクッキーでも、
難しそうな横文字のデザートでも(笑)。

「なにか特別なレシプを使ってるのかな?」と
思って訊いてみたら、彼女はズバリ
「そりゃ愛情がこもってるからね〜」とひと言。

料理でもお菓子でも、「おいしくなあれ」って
思いながら丁寧に作ると、本当においしく
できるんだって〜。

やっぱりあたしみたいに目分量で調味料を
ふりかけたり、適当に作ってちゃダメなんだね(苦笑)。

それに彼女の場合、自己流にアレンジ
することも忘れないらしい。

例えばレシピを見ながらお菓子を作るときも、
ちょっと違うフルーツを使ってみたり、
なにかをプラスしてみたり・・・。

そんなこと全部が合わさって、
おいしいお菓子ができるワケ。

やっぱり愛って偉大なのね〜(笑)。

母の愛♡

先日、実家から荷物が届いた。

中に入っていたのは、レンジでチンする
インスタントのごはんやそのごはんに
温めて乗せるだけの牛丼や親子丼の素、
それにレトルトカレーなどなど。

決して健康的ではないけれど(苦笑)、
それでも仕事で忙しいわたしを
気遣ってくれたこそのラインナップ。

手紙には「ほんとは自炊してほしいけど、
食べないよりはマシだから簡単に作れるものを
送ります」って書いてあった。

実家へ遊びに行くたび、母はいつも
「あんたちゃんと食べてるの?」って
訊いてくるのがお約束なんだけど、
わたしはいつも適当に返事している。
「まあね」とか「ほどほどにね」とか。

でもさすが母親、それが「作るの面倒だか
らあんまり食べてない」って意味だと悟ったらしく、そ
れからすぐに大量の食品が送られてきた。

しかも箱いっぱい、すき間もないくらい
いろんなものが詰まってる!

それを一つひとつ取り出しながら、
「これが母親の愛なのね」って
妙にしんみりしたわたし・・・。

遠く離れたところに暮らしているからこそ、
母親としては心から心配なんだろうな〜。

わたしの身勝手でこんな遠くに住んでるのに、
なんだか申し訳ないような、それでも
わたしのことを考えてくれてることが
うれしいような、なんだか複雑な気持ち。

さっそくお礼に電話をしたけど、
彼女は最後まで「お願いだから、
ちゃんと食べてちょうだいよ」って
そればっかり。

確かに、やっぱり「食」は人間の基本だもんね。

初ブログ♪

とうとうブログに初挑戦!

新しいものや話題のものが大好きなので
色々紹介していけたらと思っています。

あとは日常のこととか・・・
とにかく楽しいブログになるといいな。

意気込んでいるので
応援よろしくお願いします。

Movable Type 4 へようこそ!

| コメント(1)
このブログ記事は、Movable Type 4のインストール完了時に、システムによって自動的に作成されたブログ記事です。 新しくなったMT4の管理画面で、早速ブログを更新してみましょう。

このアーカイブについて

このページには、2010年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2010年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.22-ja